建築、インテリア

ビジュアルデザインWork flow

1. 聞く

この場をどんな雰囲気にしたいのか?どんな人に来てもらいたいか?何のために作るのか?ヒアリングシートを元にカウンセリングをいたします。そして、本質を見つめ直します。プロジェクトに対する想いをお聞きいたします。予算等を含めお互いに意見を交わしイメージを共有していきます。意見があいましたら、お話しを進めさせていただきます。

2. 調べる

お客様と共に現場を見に行きます。周辺環境の状況(光や風、近隣状況など)、人の流れ、街との関連性、商業施設であれば売る商品の確認や視認性等、完成をイメージしながら調査します。又、インテリアの場合は、設備、躯体や開口等の状況を調査します。( 遠方の場合は、交通費を頂くことがあります。)

4. 伝える

デザインと製作方法の両方を考慮し、見積図面を作成します。予算と施工技術、サービス力を元に施工者を選定します。場合によっては、自社の職人チームと工務店との比較検討の上決定します。その後、製作用の詳細図面を作成します。探してきた材料に対して実験やCGにて検討・検証を重ねます。施工業者とのコミュニケーションも重要です。

3. 話す

コンセプト・平面図・スケッチ等でプランをお披露目。イメージやレイアウト等を話し合います。(現時点まで費用はいただいておりません。今後の流れや費用の概算をお話します。)契約後、CG・模型等で具体的に検証を繰り返します。商業の際マーケットを調査して、必要な場合はグラフィック・WEB製作をいたします。スケジュールも設定していきます。

協力会社

LEADESIGN                 POWERS                RARACORPORATION        ARC DESIGN